メディカルマーケティング支援事業
SPBU採用特設サイト

MESSAGE

  

 インターネットを活用し、
 健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、
 不必要な医療コストを一円でも減らすこと 

これがエムスリーの掲げるミッションです。

このミッション実現に向け、医師27万人以上が利用する国内最大級の医療従事者向けサイト
「m3.com」を通じて、質の高い医療情報を日々、研究や臨床の現場にいち早く届けています。
ここには世界最高基準の独自AIエンジンを使ったパーソナライゼーションも活用されており、
「m3.com」の利用頻度は世界最大手の検索エンジンサイト並みです。
 
今、日本の医療現場は大きな変革期にあります。
世界でも類を見ない超高齢化社会への進展と医療の高度化に伴い、医療コストの増加は国の大きな課題となっています。その中でも、製薬業界のコスト構造をいかに変革するかは喫緊の課題です。

現在、製薬業界では、営業マーケティングに年1.6兆円投下しているといわれていますが、
このうちの9割近くがMR関連費用として使われているのが現状です。
一方で医師がインターネットを活用して医療情報を収集するために使っている時間は4割ほどに達しています。こういったねじれを解消し、製薬業界の抜本的な生産性改善を我々が支援することで医療コストの削減を実現したいと考えています。

またエムスリーでは「インターネットとリアルオペレーションの融合」にも取り組んでいます。
そこでは数十名のAIエンジニア、データサイエンティスト、そして営業マーケティングのアウトソーシングビジネスを担うグループ企業も一体となり、医師のビックデータ解析と最新のテクノロジーを活用し「医師一人ひとりの情報ニーズに応えるMR活動のデジタル化」を進め、より質の高い医療活動の実現と製薬企業の営業マーケティング活動の効率化に貢献しています。

この「医療用医薬品の情報最適化」という製薬業界の変革をリードしているのが
現在約150名のメンバーからなる「メディカルマーケティング支援事業」です。
出身業界は、戦略コンサルティングファーム、金融、IT、製薬、医療機器など多種多様です。 
メンバーの中にはエムスリーグループ企業の代表取締役や役員を兼任しているメンバーもおり、
製薬業界の変革のみならず、経営にも日々チャレンジし自ら意思決定を行っています。 
また新サービスの開発オーナーを任されているメンバーや、欧州やアジアのグループ企業に異動し、
グローバルな活動をしているメンバーも輩出しています。
経営、グローバル、新規事業など活躍のフィールドは様々です。


 

エムスリーに興味を持っていただいた方へ

エムスリーに興味を持っていただいた方へ 日本国内だけでも50兆円に迫ると言われる巨大な医療マーケットを変革するには、優秀な人材の確保と育成が重要です。エムスリーには、現在の組織体制では応えられないほどの事業機会と経営チャレンジがあります。

「インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コストを一円でも減らすこと」
というミッションの実現のために、国民1億3千万人の健康に大きな影響力を持つ医師30万人 (人口比0.2%)と、その医師にとって重要な情報源となる製薬企業数十社の営業マーケティング支援、変革支援を行うことは日本の医療に貢献できる大変レバレッジの効くやりがいのある仕事です。

医師という高度な医療情報を求める人達に対し圧倒的なプラットフォームを活かした営業マーケティング戦略の策定と、他にはないユニークなサービスを通じてその実現が出来る企業はエムスリーしかありません。

エムスリーのチャレンジはまだまだこれから続きます。
これから果てしなく広がる事業や経営の機会と、ともに切磋琢磨出来る仲間たちのいるエムスリーで一緒に挑戦してみませんか。
 
取締役 泉屋一行 
(メディカルマーケティング支援事業担当)

エムスリーで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加