メディカルマーケティング支援事業
SPBU採用特設サイト

PEOPLE

Hagiwara

ソリューションパートナービジネスユニット
アソシエイト

Hagiwara

新卒でコンサルティング会社に入社して3年弱、企業の戦略立案や中期経営計画策定の支援、また常駐による実行支援に従事。2020年1月、エムスリー株式会社に入社。現在に至る。

—転職の経緯を教えてください。

前職のコンサルティング会社でさまざまな企業の支援をするなかで、支援先企業の売上等に直接貢献できない立場であることにジレンマを感じるようになり、仕事における一層の手触り感を求めて転職を考えました。また、事業会社を一度経験してみたいという思いがあったことや、3年近くの勤務でコンサルティング業務の基礎を一通りは経験できたタイミングであったことも背中を押しました。
事業会社の中でもエムスリーはコンサル経験者が多いため、自分にも馴染みやすいのではと思いました。実際、コンサルティング会社から勇んでベンチャー企業へ転身して、カルチャーギャップから馴染めずすぐ辞めてしまったといった話もよく聞いていたので、企業風土は重要な要素でした。また、もともと大学院で医療政策を学んでいたこともあり、関心の高い業界でした。

—入社されて、入社前のイメージと違ったことはありましたか。

業務において、これまで培ってきたスキルだけでは対応できないことがかなりあるのだと、気づかされました。
例えば、前職ではプロマネの立場ではなかったため、資料作成において一部のパートを担う事が多く全体の構成を考えるまでには至っていませんでした。また、最終的にお客様に意思決定いただくところをメインで担う経験も多くはありませんでした。自分のレベル感に気づかされ、かなりのショックを感じました。
エムスリーでは若いうちからアカウント責任者としてお客様の課題解決を進めるために、プロアクティブに行動する事がより強く求められ、そこは大きな意識改革となりました。

—現在はアソシエイトということですが、業務内容について教えてください。

クライアントの薬剤のプロモーション支援に関する提案活動と、受注した案件のデリバリーがメインの業務です。サービス実施前にクライアントとKPIを摺合せ、実施期間中や実施後にはKPIのトラッキングや売上効果検証を行ったり、次の打ち手を議論したりする事も行います。
提案に対して実施合意が得られたら終わりではなく、クライアントと継続的な関係性を築きながら目標達成に向けて一緒に活動できるところが、エムスリーのアカウント責任者の特徴であり、やりがいのある点だと思います。
また、横串活動として、特定のサービスについて企画の改善や営業促進を行うチームに参加しています。クライアントワークとは別軸で、普段自分が扱っているサービスの改善に携われるので、とても新鮮で面白いです。半期ごとの上司とのキャリアガイダンスにおいて、サービス開発への意欲を伝えたところ、機会をいただく事ができました。望めば機会が得られるのは有難い環境です。

—入社後に新しく身についたスキルや経験について教えてください。

クライアントが納得して目指せるゴール設定をするために、初期提案からクロージングまでの流れや、提案資料全体のストーリーをよく考えるようになりました。提案資料を初めて作ったときには、どういう流れにすべきかも分からず、とりあえずサービスの説明資料に料金表をつけただけの資料を作ってしまいがちでした。そうではなく、クライアントの課題から入っていき、解決のために何が必要かというストーリーを構成する事が大事であり、その伝え方やクライアントの考えを引き出すための質問のし方なども細かいことですが、スキルとして身につきつつあると感じています。
実際、クライアントとのコミュニケーションの回数が増え、直接電話をいただくことも多くなっています。前任担当者から引き継いだクライアントや自身で新たに開拓したクライアントなどがありますが、だんだんと私自身で関係性を築き、価値を出せるようになってきていると感じます。まさに、転職時に望んでいた「手触り感」が満たされています。

—そうしたスキルを身につけるうえで、役立った仕組みや風土などがあれば、教えてください。

上司やメンターとは月次でスキルを振り返る機会があるのですが、アドバイスは的を射たものが多く、とても有効でした。あとはやはり、場数を踏むことも重要だと思いますが、その点でもエムスリーでは、求めれば機会が得られます。その意味でも成長のための環境が十分にあるといえるでしょう。

—最後に、エムスリーに興味を持たれている、特にコンサルティング経験者にメッセージをお願いします。

若いうちにコンサルティング会社に勤務されている方には2種類のタイプがいると思います。コンサルティング会社でステップアップしてパートナーを目指されている方と、いずれは事業会社で経営陣として腕を振るうことを目指されている方です。
前者の方であったとしても、クライアントとなる事業会社の内部の動きを体感することでより良い提案ができるのではないでしょうか。また、営業スキルを磨くためにも、一度エムスリーのような実践経験を急速に積める場に身を置くのは有効だと思います。
また、後者の方についても、事業会社には若いうちにコンサルティング会社では磨けない事業会社ならではの実践のスキルがあるので事業会社の文化や考え方に馴染むためにも、キャリアのなるべく早いうちに転職することをおすすめします。コンサルティング会社で身につけたいスキルを明確化し、それが一定身についたと感じたタイミングで一度事業会社を経験してみてはいかがでしょうか。さらに、エムスリーであれば若手でも役職に関係なく密度の高い経験ができますので、タイミングが早すぎるということもありません。ぜひチャレンジしてみてください。

エムスリーで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加