メディカルマーケティング支援事業
SPBU採用特設サイト

PEOPLE

Iketani

ソリューションパートナービジネスユニット

Iketani

慶応義塾大学薬学部を卒業後、米系投資銀行の日本支社に入社。調査部の証券アナリストとして機関投資家に企業および業界情報を発信。担当セクターは、1年目に医薬品・ヘルスケア、2年目以降に小売りを主として、そのほかトイレタリー、素材、食品、サービス等を経験。2017年11月エムスリー株式会社に入社。現在に至る。

—薬学部のご出身ですね。

中高生の頃から、医療に関わる仕事への興味を強く持っていました。一般的には、医師を志して目の前の患者さんの治療に貢献する選択肢もあるかと思いますが、創薬であれば世界の裏側の患者さんへも貢献することができるかもしれません。その可能性が魅力で、薬学部に進み、研究に没頭しました。ただ、大学に入学してから、実際に一つの新薬が世に出せるまで10年から20年はかかるという事実を知り、自分の職業人生において、幸運だったとしても生み出せる薬は1つか2つであるという現実に向き合った結果、5年生の頃に方向転換することにしたのです。

また、大学では研究以外にも、病院でのアルバイトや薬剤師実務実習を通して、医療現場と深く関わる機会がありました。その中で、非効率な部分がとても多いと感じるようになりました。医療に関わる方たちは患者さんに貢献したいという深いモチベーションで業界に飛び込まれているはずなのに、現場ではそういった方たちのポテンシャルを最大限に活かし切れていない場面を目にしました。そうした状況が変わるには、病院や薬局など内部からではなく、外部の力も必要だと、学生の頃の経験を通じて思ったのです。
それで、あえて医療・製薬業界からは距離を置いて、外部の視点から客観的に業界を分析し、提言することのできる、証券アナリストという職業をめざしました。

—証券アナリストの仕事は、期待どおりでしたか?

そうですね。初年度は希望通りに、医薬品・ヘルスケア業界を担当できましたし、担当企業への取材や市場調査により株式市場から見た医療界について学ぶことができました。2年目からは別のセクターの担当に変わったのですが、業界に影響力を持つ上司に恵まれたこともあり、企業や業界を深く分析した調査レポートを機関投資家に発信し、またそれらを基に経営者の方々と議論させていただく機会もあったので、業界への貢献の手応えを感じることができました。

ただ、ジュニアアナリストはまだまだ下積みで、調査レポート上は連名であっても、責任をもつのはメインのシニアアナリストの役目です。自立して自身の名前で業界全体に提言するには、最低でも10年はかかる世界でした。新卒4年目に、このままアナリストを続けるべきか考えるきっかけがあったのですが、証券会社に就職した目的でもある、医療以外の世界との関わりと、業界にインパクトを与えるような発信という目標はある程度達成できた思いもあり、別のフィールドへの転職に踏み切ったのです。

—それでエムスリーに転職されたわけですね。

原点に戻り、医療業界で考えると、医療の仕組みや業界全体に影響を与える可能性を求めるなら、証券アナリストとして見ても、日本一の強力なプラットフォームを有するエムスリーしかありませんでした。また、学生時代にインターンに参加していたことも大きな選択理由です。当時は金融業界で働くことに強いこだわりがあったため、新卒ではエムスリーに就職しませんでしたが、お世話になった社員の方々から、機会があればいつでも一緒に仕事をしようと声を掛けていただきました。そして実際に、戻ってきた者に対して組織全体が受け入れてくれるところは、とても好きなカルチャーの一つです。

—今の仕事内容について教えてください。


ソリューションパートナーとしてソリューションパートナービジネスユニット(SPBU)に所属し、m3.comを基盤とした製薬企業向けマーケティング支援の業務を行っています。また、それだけではなく薬剤師向けのサービス、またエムスリーのIR業務も担当しています。
前職で経験はあるものの、新卒3-4年程度の経験で、エムスリーのような1兆円規模の企業のIR業務は、普通は担当させてもらえないもの。それを任せてくれるところに、組織の器の大きさを感じます。
 

—薬剤師向けのサービス担当というのも、薬剤師資格保有者である池谷さんならでは、でしょうか。

これは面接時から希望していました。エムスリーには日本の薬剤師の約半数の登録があります。この会員基盤を通じて、医師向けと同様に製薬企業からの情報を発信しています。サービス開発自体は昨年までに前任者が行っていて、考え得るサービスが一通り揃えられています。今は次のフェーズで、私がサービス責任者を引き継いでいるところですが、まずはデータベース基盤の再構築を進めています。実は薬剤師については、医師のような診療科、勤務先云々といったデータベースが世の中に存在していません。転職頻度も高いため、誰もトラッキングしていないのです。一方で、いまクライアントはターゲティングした薬剤師向けの情報提供を求めており、それに応えるには信頼性あるデータベースが欠かせませんから、ここが勝負ですね。

—前職からの違いというのは、どういう点で感じますか?

まず、事業会社の特性かもしれませんが、チームで働くということです。金融業界では業務が綺麗に分担されているので、私であればアナリスト業務に専念していました。SPBUでは、担当クライアントの案件獲得から納品に至るまで一貫して関わり、各事業担当者との打ち合わせや会議も密に行って、チームごとに役割を変えながら、クライアントにコミットしています。

また、社内外問わず、相手のミッションや状況を考え、どうすれば響くのかをものすごく真剣に考えるようになりました。証券アナリストでいえば、クライアントである投資家のニーズは偏差が小さく、情報を提供することがメインの仕事でした。しかし今はクライアントごとにその企業文化であったり、マーケティングにおけるデジタルの位置づけなど、企業ごとのニーズの多様さを感じます。

また、同じ製薬企業であっても、製品担当者によって考え方は異なりますし、扱う製品のライフサイクルによっても求められるものは様々です。それに対して提案するサービスも、世の中にまだなく、私たちが創っていくものもあるので、今あるルールを時には変化させながら、クライアントがやりたいことや私たちがやるべきことを進めていくわけです。それが上手く合致したときは、やりがいや手応えも十二分に感じますし、自身の成長にもつながっていると思います。
 

—今後の目標は?

大きな目標としては、私にとってのライフワークである薬剤師の社会的役割を増やすことです。薬剤師向けの情報提供サービスの拡充を通じて、そこに貢献したいですね。たとえば、m3.comを通じた製薬企業から薬剤師への情報発信を強化できれば、薬剤師の登録数やアクティブ率を増加させられるでしょう。そうして薬剤師の強固なプラットフォームを構築した後には、製薬企業・薬剤師間の双方向や、もともとエムスリーの持つ医師やQlifeなどの一般患者のプラットフォームとも有機的につなげてコミュニケーション量を増やしていくことで、薬剤師の声が医療現場でより反映され、一般の方にとっても薬剤師の果たす役割が明確化されていき、患者さんへの貢献機会が増えるのではないでしょうか。大きな話ですが、医療に関わりたいという高校の頃からの思いが原点にありますね。

もう一つ、身近な目標としては、クライアントの業績において圧倒的な貢献をすることです。クライアントの主力製品でエムスリーのサービスが適切に活用されることで、当該製品の情報がタイムリー且つ効率的に伝わり、たとえばIR資料に 「 デジタル活用施策により計画を上回るスピードで広範囲な医療従事者に適正な情報提供が行われ、結果的に想定を上回るスピードで売上拡大」 などの文言が明記される、それ以外に説明しようがない程の結果を出す、ということです。 

—最後にメッセージをお願いします。

年齢に関係なく、大きな責任を任せてくれる、器の大きな組織です。また、フラットな風土もあって、ポジションに関係なく誰に対しても、言うべきタイミングで発言することが奨励されていますが、そのため実に働きやすい環境が実現しています。医療という領域で貢献できることに喜びを感じられる方はぜひジョインしていただきたいですね。

エムスリーで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加